« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月24日 (火)

駅弁 

Img_4202 久し振りだなぁ!駅弁。
そう言えば、「夢の超特急」と言われた新幹線。 Img_4206_2





詳しくは知らないけれど「0系新幹線」はとにかく2008年11月末日を以て営業運転を終了した。

1964.10. 1    東京 ~新大阪間開業
1972. 3.15    新大阪~岡山間開業.
1975. 3.10    岡山~博多間開業    

と、駅弁の箱にその歴史的瞬間が印刷されている。
長い間ご苦労さま♪ 
これは「夢の超特急弁当」。 弁当を食べながら、つくづく歳月を感じる。

上品なちらし寿司のお味は美味。小さいながらも焼き穴子、蛸の旨煮、ローストビーフ、錦糸玉子等が乗っかっている。キレイ!

でも器代に経費がかかったのかな。あっという間に食べちゃった。もっと、食べたい!
1050円也。器は陶器、郷愁料も含んでいると思えばお安い。

せっかくだから新型(N700系)の弁当も。Img_4309_2

近所のスーパーの駅弁大会を覗いてつい買ったのだけど、
二人に4つの弁当は多すぎる~??

そうそう、「夢の超特急弁当」はJR神戸、新神戸駅、三宮駅等で発売されているそうだ♪

Img_4199弁当の20円の差日脚伸ぶ    
            いほこ(2006年)

吟行に行くと数人であれだ、これだってお弁当を買うことがよくある。
だからこれ、楽しい吟行句♪

PS (2/25)
昨日、(N700系)の写真(左上)を間違えてました。ごめんなさい。
差替えました~。ヾ(_ _*)

| | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

甘い形  

一年前に買った鉢の苺がワンサと増えて、
この冬の峠も何とか越せそうだ。つぎつぎ花が咲いている。
夜の寒さはビニールシートを被せて凌ぐ。
Img_4215
苗に大小の差があるけれど、
差があるということは長く楽しめるということ?

入眠剤体に残り苺咲く(hoko)
うちの花はピンクと白の2種類。

早いものは青い実をつけ初めている。というか、最初からついているような芯の形?

  花の芯すでに苺のかたちなす      飴山 實
        
この句、季語の説明がなされているようで、花を知らない人にはイメージし易い。
甘~い苺は花の時から甘~い芯の形をなしている。

| | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

プラス α

昨日は早春の多摩川沿いを延々と歩いた。

Img_4246

龍の玉みんな来るまで待つてゐる

Img_4244

青テントは何か言ひたげ桜咲く

早咲きの桜の種類は何だったのだろう。

Img_4230_2


川崎より東京が好き花大根

花大根=諸葛菜
同じ「花大根」でも「ダイコンの花」とは違うので要注意!

Img_4243

犬ふぐり抱けば河川敷匂ふ

犬ふぐり青テント群入口に

Img_4232


一人だけ春の空から食み出しぬ

「Sさ~ん!そちらじゃないよ~」
「あれれ!食み出たのは私の方?」





  カレーの具の卵半熟春隣   hoko

2月は未だ体感的には冬。
でも少し歩けば思いがけない「春」に遭遇する。
多摩川の空も風も青テントもレストランもそして句会も
パーフェクト+αの一日だった。 幹事のOさんと仲間に感謝!

Plant013写真上の「龍の玉」はもしかしたら別の植物?
あんなに大きい「龍の髭」は見たことない(葉の長さは60~70センチ)。
   葉も青い実も立派過ぎる。
  
昨日の一押しだったあれはほんとに「龍の玉」だったのか・・・・?

| | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

幻想

健康診断の際、現在飲んでいる薬を聞かれた。
「薬ではありませんけど、ビタミンC,E、カルシューム飲んでます。
気休めですけど・・・」って、笑いながら答えたら
医師も「あ、そう!」と言ってにこっと笑った。
Img_4194

最近又一つ「コラーゲン」の錠剤を飲み始めた。
キャッチフレーズは「2粒でキレイを後押し」である。
すごいではないか!たった2粒で。
これってすごく飲み易い・・・というか食べ易い。

ポリポリ噛むと微かにブルーベリーの味がする。
癖になる味だ。規定量目安の一日2粒をいつもオーバーしてしまう。
気をつけないとヤバイのかな?
でもこの程度、サプリメント症候群には程遠い。

ビタミン剤並べて冬の冷蔵庫  hoko
「この中で一種類だけを選べ」って言われたら、どれを選ぼう?
やっぱりビタミンEかな?それともコラーゲン?
 
女は「若返り」とか、「キレイ」という言葉にかなり弱い。
それらがほとんど幻想だということが分かっていても。

| | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

『ライク・ア・ローリングストーン』

日本海の海鳴りを聞きながら、運命的に出合った山口誓子の句に感動し、涙し、
Img_4181_6
学生運動のジグザグデモの蛇行の真っ只中を叫び突進した21歳、
かなえちゃんを外に待たし、Gパン、長髪で犬の首輪をつけて楸邨宅を訪れたこと、それらの一齣ひとコマが眼前の今井聖に繫がっている奇跡。
Img_4187_3

読み終えると、何の変哲も無い吾が過去でさえ、
一つ一つがいとおしくかけがえの無い大切なものに思えて来る。
俳句に関心がある人も無い人も、きっと・・・。

今井 聖

俳句少年漂流記
『ライク・ア・ローリングストーン』
(岩波書店発行)

| | トラックバック (0)

Img_4178_2

ある日の半日は「伊予柑」のマーマレード作り。
うっかりと、伊予柑の甘さを計算せずにいつも通りの砂糖の量で作ってしまって、少し甘過ぎたかな?

そして半日は読書。
この頃、一週間がとても速い。

| | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

伊予柑

伊予柑はダイダイ類柑橘の一品種と辞書にある。
あの酸っぱいダイダイの仲間とはとても思えない。
Img_4161
でも形は似ているなぁ。

本場愛媛から伊予柑が送られてきた。ポンカンと、キーウィも一緒に。
Yが四国88ヶ所巡りで知り合ったご夫婦から、暮の蜜柑に続いてこの冬二度目の送りものである。

「二級品なんんですよ~」と電話では聞いている。だからワックスもかかっていないし、市場に出回っているものよりも
ふた周りくらいデカイ。きっとデカイから二級品なのだ。その上ジューシーで甘~い。
産地本場の二級品ってすごい!

今日は2月4日、伊予柑は立春の味がする。

  カウベルを聴く伊予柑に耳当てて    hoko
カウベルの音を聞きたいといつも思ってた。だから伊予柑に耳当てて・・・。??

| | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »