« 風よりも | トップページ | 伊予柑 »

2009年1月29日 (木)

ルーツ

たびたび見ていたはずなのに何で今まで気が付かなかったのだろう。
それはピエロの人形の横にさりげなく置いてあった歌舞伎の「錦絵」。

どの部屋にも懐かしいものがたくさんある、Img_4019
びっくり箱のような
福岡の姉の家はとても楽しい。何しろ、姉自体が私とは親子ほど歳が離れているアンティーク的人間なのだから。

「貴女、これ好きだったらあげる~
うまく額に嵌めることが出来たら面白いと思うよ~
50年ほど前に、趣味で集めている方に頂いたの。好きなの選んで~」
と、いう訳で、先日福岡から吾家に持ち帰った3枚の「錦絵」。

錦絵には
明治二十一年八月二十日印刷
          八月二十五日出版
浅草区並木町廿五番地 岡本懐穂  とある。

Img_4090_2 Img_4091_2 

錦絵の手がかりはこれだけ・・・。120年経っていることだけは確か・・・。
何時の日かルーツを辿るのが私に課せられた任務なのだと、大袈裟に考えてしまう。

歌舞伎の宣伝に沢山出版したのかも知れない。
まるで古い紙芝居のようだ。

二枚続きの絵らしきものを苦心惨憺して一枚に繋ぎ、
有り合わせの額に何とか嵌め込んだ。
こんなことをしている一日はあっという間に過ぎてしまう。 Img_4092_2

ところが、この絵、吾家の何処に飾っても、何だかしっくりこない。
そりゃそうだ!
古~い民家とか、劇場の楽屋裏とか或いは下町の鮨屋なんかだったら
きっとぴったりなのだろうなぁ~。



|

« 風よりも | トップページ | 伊予柑 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207145/43894967

この記事へのトラックバック一覧です: ルーツ:

« 風よりも | トップページ | 伊予柑 »