« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月29日 (木)

ルーツ

たびたび見ていたはずなのに何で今まで気が付かなかったのだろう。
それはピエロの人形の横にさりげなく置いてあった歌舞伎の「錦絵」。

どの部屋にも懐かしいものがたくさんある、Img_4019
びっくり箱のような
福岡の姉の家はとても楽しい。何しろ、姉自体が私とは親子ほど歳が離れているアンティーク的人間なのだから。

「貴女、これ好きだったらあげる~
うまく額に嵌めることが出来たら面白いと思うよ~
50年ほど前に、趣味で集めている方に頂いたの。好きなの選んで~」
と、いう訳で、先日福岡から吾家に持ち帰った3枚の「錦絵」。

錦絵には
明治二十一年八月二十日印刷
          八月二十五日出版
浅草区並木町廿五番地 岡本懐穂  とある。

Img_4090_2 Img_4091_2 

錦絵の手がかりはこれだけ・・・。120年経っていることだけは確か・・・。
何時の日かルーツを辿るのが私に課せられた任務なのだと、大袈裟に考えてしまう。

歌舞伎の宣伝に沢山出版したのかも知れない。
まるで古い紙芝居のようだ。

二枚続きの絵らしきものを苦心惨憺して一枚に繋ぎ、
有り合わせの額に何とか嵌め込んだ。
こんなことをしている一日はあっという間に過ぎてしまう。 Img_4092_2

ところが、この絵、吾家の何処に飾っても、何だかしっくりこない。
そりゃそうだ!
古~い民家とか、劇場の楽屋裏とか或いは下町の鮨屋なんかだったら
きっとぴったりなのだろうなぁ~。



| | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

風よりも

風よりも静かに過ぎてゆくものを指さすやうに歳月と言ふ    稲葉京子

歳月には音が無い。
けれど歳月には色がある。絹糸が絡まるように
鮮やかな記憶として。

Tさんからの寒中見舞いには一首の短歌が添えてあった。Img_4077_3
Tさんは俳句の大先輩。

私が俳句を始めた頃、句会で湘子選に入った日は、、「今日の句は良かったね。オメデトウ!」ってよく誉めてもらった。あの嬉しさはずっーと忘れられない。

去年のほとんどは俳句から遠ざかっていた私。
「街誌」もご覧になっているらしいTさんなのに、そのことには何も触れてはいなかった。

又、ぼちぼち俳句を始めた。
「風よりも静かに」ではあるけれど・・・。

| | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

見返り美人

男は「見返り美人」に魅せられて、
それからというもの切手収集に夢中になってしまった。
Img_40711_2 
切手収集の一代ブームとなったのは確か東京オリンピックの頃だとか。
切手もバブルの最盛期だったのだ。

今は・・・?
熱し易く覚め易いのが我が国の国民性。
未だに収集している人が真のマニアなのだろう。Img_4072






この我家の切手たちは将来何処へ行くのだろうと時々、ふと気にかかる。

私も二人の息子も全然興味無し。

そうだ、そうだ! コインも集めているのだった。Img_4081

男はこれと思う獲物に狙いを定めて、
それに拘っては集める習性があるみたい・・・?


Img_40691

  
貼り直す切手霜夜に反り返る      hoko
今日は寒い。だって大寒なのだから・・・・。

PS
切手は書棚以外にもダンボール箱いくつかに溜っている。ふ~っ!

| | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

予感

どんど焼きは懐かしい匂い。
といっても、数十年前の懐かしさとは違う。
それは数万年前の太古に遡るなつかしさ。

「どんど焼き」は人類の生活にかかわる全てのものを
ぎゅーっと凝縮したような、複雑怪奇な匂い。

木の匂い、葉の匂い、土の匂い、海、山、川の匂い・・・Img_4040_3
なつかしいなぁ!


何事も始まりが大切。
最初からきちんと「どんど焼き」に参加すれば良かったのに、はっと気がついて跳んで行った時は既に終りに近かった。嗚呼、残念!

やっぱり今年も波乱万丈の年になる予感・・・。

Img_4042 

写真は吾が村の「どんど焼き」。
勿論、太鼓も鳴り響き、
お餅も沢山焼けてました~

| | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

雛の降る

正月4日から9日までを大分の日田と福岡であわただしく過した。
横浜へ帰って数日、家事をこなしては青い空を眺めて未だぼーっとしている。Img_4032_2 

そんな中、唯一外出して幸せ気分にさせて貰ったのが、横浜西口にあるお箸の専門店「門」である。「門」はたま~に寄って目の保養をするところ。

近頃は自然保護運動の影響もあってか「マイ箸」を持ち歩く人も増え、狭い店に客がひっきりなしに訪れる。

この店、暑い夏も、秋も冬も一年中雛飾りが吊るされている。
そう、小さい頃祖母や母や叔母が絹のハギレで作っていた、あの小さな縫いぐるみを沢山吊るした雛飾りである。

Img_4033_4

可愛い小さな店だけど上から雛さまが降ってくる、そんなところに沢山の箸と箸置きが並んでいる。

少し早い雛さまに会って私もパワー全開・・・かな?

| | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

パーフェクト?

Img_39781 



      

    皆様本年もどうぞよろしくお願い致します。

Img_3985_2

富士も玉子焼きもパーフェクト?の元旦です。
ことに今朝の「カニ玉」は多分吾が生涯での最高の出来になるのかも知れない・・・?

こんな些細なことでも女性にとってパーフェクトとは一日気分がいいものですネ!

  皆様のご多幸を心よりお祈り致します。 

     (富士は朝 8時10分撮影♪)

| | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »