« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月29日 (土)

来年は・・・

Img_3676 これ、牛に見えます?

Yが来年の干支の「丑」(うし)作りを始めている。
Img_3677

何処かの店でビーズ編みのキットを買ってきたらしい。

未だ未完成だけど、ちょっと失敬して写してしまった。
私も完成したらどうなるのか知らないのです??

| | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

初冬

初冬の晴の日はウォーキングが楽しい。

このところ、日ごとに冷えが厳しくなって紅葉真っ盛りである。
ウォーキングは少し遠出をして吾が村の一番外周りを半分くらい歩いて
途中から近道で家を目指すと言う約40分コース。

外周りを踏破するには急いで歩いても1時間ではとても足りない。

欅並木、銀杏並木は一年で今が一番きれい♪
今日は言葉よりも写真でご紹介した方がよさそうです。  (撮影11/20/2008)

Img_3598_3   Img_3599_4   Img_3603_2 Img_3600_4 Img_3608_2

Img_3601_3

Img_3614_3

Img_3625_5 







いつもは南側の富士の風景が定番だけど、上の写真は北側の私の部屋からの風景。
午後の空は冷たく乾いている。眼前に幼稚園が見下ろせる。

幼稚園の今月の掲示板の句は

 たく程は風がくれたる落葉かな

PTA向きの句なのかな?
今の幼稚園児は「落葉焚き」ってきっと知らない。

今日は、バリバリと音を立てて山のような落葉を踏んで来た。
これから当分の間の、清掃員の方たちの苦労が偲ばれる。

| | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

冬鴎

「実際に旧東海道を1次だけ歩く」というミニ吟行は帷子川の鴎に見送られて始まった。
頭の奥の奥まで真っ白にしてくれる鴎の白は吟行の始まりにふさわしい色。
                             
Img_3492_2
俳句仲間の笑顔がとても懐かしい。
いきなりふーっと気持が和んでしまった。

Img_3567_3

Img_3569_4





冬鴎生に家なし死に墓なし  加藤楸邨 『野哭』  
           
                 
句集『野哭』は、第一ページの「野」の字が何とも言えぬ趣があっていい。
楸邨さんはこんな字を書かれたのだ・・・と思うとつくづく見とれてしまう。
この崩れそうな古い句集は「街」に入会した記念に買った私の宝物である。

| | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

手帳

「わ~い。イチゴの手帳買ったぞ♪」

写真左のピンクとむらさきの手帳が今使っている今年のもの。
可愛いイチゴの手帳は昨日買った新年のもの。Img_3465

手帳を買った日は何故か楽しい。
机の上に二つ並べて反省と希望が錯綜する。
希望の方がずーっと強いから楽しいのだ。

何故イチゴを選んだのかって?

今、うちのベランダは青いイチゴの葉っぱで埋め尽くされている。それは今年の春の一鉢のイチゴから始まった。
イチゴは蔓性の植物。みるみるうちに増えてゆく。
Img_3468_2
来年の春はイチゴ狩りツアーでも開催しようかな?なあんてね。

だからこの手帳には、甘~いイチゴがどっさり生る様に・・・という願いが込められている。


とは言え、この寒い冬をどう乗り切るかがイチゴたちの課題・・・というか、わが家の課題でもある。


Img_3467_4 イチゴの手帳、来年は素敵なことでいっぱい埋めたいな♪


風邪熱やゴビの手帳にゴビの沙                      楸邨

| | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

寒桜

こんなに早く咲いてしまった寒桜(冬桜)。

地球温暖化は急激に季節を狂わせ、俳句の季語も現実とはずれが生じている。
「寒桜」にしても歳時記では1~3月が花期とされている。

我々がほとんど使わなくなった季語に違和感を持つ以上に、
未来の俳人達は平成の俳人の季語に目を丸くすることだろう。
       Img_3405_2 

そして寒桜は咲く。
吾が村の商店街の奥、
郵便局と駐車場と
エレベーターに囲まれた空間に。

それにしてもここ数日とにかく寒~い。
今朝7時の、部屋の温度は21、7℃なり。
これで寒いなんて言ったら北国の人には申し訳ないような・・・。

起き抜けの紅茶一杯から冬へ  
エレベーター震へ寒桜の天辺       hoko

| | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

骨董・がらくた市   ー トンボ玉 ー

Img_3384 骨董市では結局、トンボ玉外、数個の買物をした。

「有難うございます。この発掘硝子の破片、数百年前のもので、銀の入りがとてもきれいで形もいいからお奨め品です。
初めてのお客様だし、外にも買って頂いたから、1000円お引きします。
ボク、H・Pにも出店してますので、良かったらご覧になって下さい」
と言って名刺を差し出される。

「ふふ、H・Pもう見てますよ~。」と私。
「実は先日、お宅のネットショップで何か買物をしたらしいですよ~」とY。

「ええっ!どなただろう? 有難うございます。
この骨董市へは毎回出店してますから、又、よろしくお願いしま~す。
あぁ、それから、ネットショップの会員入会、未だでしたら、初回は1000ポイントつきますから、お得ですよ~」

Img_3392 中々、商売上手で、でも感じは悪くない。
そう言えば、H・Pの自己紹介では「トンボ玉をじっ~と眺めているのが好き」なぁんてことが書いてあったっけ。

それにしても、青年の「ネットショップ」と「骨董市」での経営はいかにも今風だと思う。

| | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

秋の風

『おくのほそ道』の中の好きな句に出合ったとき、
開いてみるのが楸邨の『芭蕉の山河』。
       

『おくのほそ道』に惹かれたのではなく、Img_3307_2
楸邨の文章に触れたくて、古書店で買ったものである。

楸邨の目と足で辿る『おくのほそ道』。久しぶりに開いたページは

石山の石より白し秋の風
               芭蕉

今夜の横浜はそろそろ冬の風が吹き始めたようだ。

Img_3309_2

| | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »