« 凌霄花 | トップページ | 箸置きと釣竿 »

2008年8月26日 (火)

共有

蝉の声にだんだん力が無くなってきた。
鳴くのはあと何分、あと何秒だろう。Img_2537_7

ある日の午後の蝉は何処に??

高床式住居を見霽かし、
その横顔はくっきりと凛々しい。


「大塚・歳勝土遺跡」の竪穴住居・高床式倉庫は実にシンプルな涼しい建物。

この弥生時代の村と眼前の横浜市都筑区の町並の落差は何と2000年。

横浜に人が住み始めたのは更に更に遡る20000年前という。
その悠久という中の瞬きにも満たない一瞬を蝉と共有して
夏が終る。
                                    (写真・08/22/2008)

|

« 凌霄花 | トップページ | 箸置きと釣竿 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207145/42255866

この記事へのトラックバック一覧です: 共有:

« 凌霄花 | トップページ | 箸置きと釣竿 »