« 永遠にフアン | トップページ | 向日葵のように »

2008年7月22日 (火)

魔法の日

Img_2134_3 
「ありがと、おかあさん。
(めうしの)ミセス・モカまで参加してくれて、魔法のようにすてきな10歳のお誕生日のこと、一生忘れないわ」・・・以上、『ベッキーの誕生日』のしめくくりより。

ターシャ チューダーはアメリカで一番有名な童話作家。
・・・
であると共に、絵本画家、人形作家、腕利き料理人、そして庭師でもある。

とりわけターシャの最高傑作は、花と動物を愛しながら育んだ、夢のように美しいニューイングランド式ガーデン。(30万坪)

「喜びは自分で創り出すもの」
「ただ、思うとおりに歩いて来たの」
「庭は一日にしてならず」
ターシャの一言一言は田園の自給自足の暮しの中から生れたもの。Img_2060

ターシャは先月、92歳で永眠した。90冊近くの絵本と、この世の究極の庭を残して。

ターシャの日常は、7月16、17日の二回にわたりNHKで再放映された。

ターシャがふわりふわりと裸足で花の手入れを楽しむ様はまるで天使か蝶のようであった。
(右上写真はテレビの画像より)

Img_2127
今朝、うちの洗面所には白いゼラニュームが一輪。
果たしてターシャの言う「魔法の日」は訪れるのだろうか。??

「魔法の日」はその気になれば誰にでも創れるという。

|

« 永遠にフアン | トップページ | 向日葵のように »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207145/41915911

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法の日:

« 永遠にフアン | トップページ | 向日葵のように »