« 花どき | トップページ | 恐いこと »

2008年6月 3日 (火)

恥ずかしいこと

俳句をやって良かったと思うのは友人に恵まれたこと。これに尽きる。
相談したりされたり笑ったり嘆いたりという繫がりは多分一生続くに違いない。
というより続くことを願っていると言った方が当っているのかも。

そんなある日、
「H・Pでお店やってみたら?
H・Pで素敵なビーズアクセサリーのお店を見つけたから
アドレス教えてあげる。参考にしたらどうかしら。
貴女だったらもっと素敵なお店が作れると思う。」 もう、友人はすっかりその気。
Img_1353 

「えっ!私に出来るかしら?・・・
でも、ほんとの処、私、首飾りの作品が溜りに溜って大変なの。
今までもお店出すこと考えない訳でも無かったんだけど・・・ 」

友人には急所を突かれた感じ。
そして、言われてすぐその気になるのは私の長所なのか短所なのか・・・?

自分の作品を販売するには、ショッピングカートを付けて、もう一つのH・Pを作りさえすればいいのだ。売れなくてもいい。楽しそう♪

そうだ!ショッピングカートだ! でも首飾りの値段はいくらにしよう?

Img_10581_2


自分の作品に値段をつけるなんて・・・、生まれて初めてのこと。すごく恥ずかしい!

何はともあれ、先ずは、ネット社会の大先輩である息子に、色々お伺いを立ててみなくては。 (敷居が高いなぁ!)         次号へ続く。

    http://homepage2.nifty.com/hokoko-bo-/

|

« 花どき | トップページ | 恐いこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207145/41416377

この記事へのトラックバック一覧です: 恥ずかしいこと:

« 花どき | トップページ | 恐いこと »