« 巣立ちの日 | トップページ | もしかして・・・ »

2008年6月13日 (金)

パーフェクト

ー 薬師寺展 ー

光背の無い「日光・月光菩薩立像」に惹かれて
国立博物館へ足を運んだのは6月3日。
 

二つの立像の前に立ったとき何かしら胸の奥から込み上げてくる熱いものを感じた。
何なのだろう。

それは、1300年という気の遠くなるような年月を越えて尚、パーフクトに存在する美から溢れくるエネルギーからのものなのか。

Img_1349_3 館内は混雑してはいたけれど、あらゆる角度から間近に心ゆくまで拝観出来た。

眼差し、唇、指先、背筋のライン、少し捻った腰、厚い胸板等々。
パーフェクトという言葉の為に、それらは存在するかのように。


2時間待ちで館内に入ったことなどすぐに忘れ去った。

Img_1458_3





光背:仏像の背後につける装飾で後光をかたどったもの。
    薬師寺金堂では普段、「日光・月光菩薩」共に光背のつけられた
    状態で拝観する。       

   (国立博物館の「薬師寺展」は6月8日終了)

|

« 巣立ちの日 | トップページ | もしかして・・・ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207145/41516801

この記事へのトラックバック一覧です: パーフェクト:

« 巣立ちの日 | トップページ | もしかして・・・ »