« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月30日 (金)

花どき

最近私という人間は自分に対してはいくらでも優しくなれることがわかった。
Img_0874 早く言えばわがままになれるということ。

その分周りには冷たくなっているのかも知れない。人にも俳句にも。

そんなとき、花にだけは優しくなれるし、やさしくしてもらっている。


猫の額ならぬ蟻の額ほどの土しか無いけれど、うちのベランダは1年の中で今が一番きれい♪


Img_0903_4 

白と紫のゼラニュームは私の一番のお気に入り。
風の強い日はさっさと部屋に入れてあげる。

その性か、咲き出して1ヶ月を越えるのに未だ未だ花は咲き続く。


Img_1263_2

アマリリス(右)は何の手入れもしないのにちゃんと咲いてくれる。
花だけ見ていれば幸せなこの頃なのです。
皆様お元気ですか~



                  

| | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

化身

見知らぬビルに吸い寄せられるように入るともう別世界の若者の街。

300近くのテナントはファッション、インテリア、グルメ&フード、雑貨、授乳室、託児所、映画館まで用意し、熱気にむせ返っている。

商品はみな若者をターゲットにし、ファッションの店を数軒覗いてみたが、全然おばさんおじさんはお呼びではないらしい。

多いと思ったのは石屋さん。今は空前の石ブーム。「パワーストーン」もその一つ。
好みの石でブレスレットや首飾り、指輪を作ることが出来る。

私の気に入った店は手芸用の贋の葉っぱが買えた一店だけ。 ま、いいか!

Img_0967 そうそう、一階センターの美しいカリヨンに出合ったことは思いがけない収穫。

ドイツ・マイセン社磁器製のカリヨン(鐘)と、パイプオルガンを融合させた世界唯一の楽器。その名は「KUJAKU」。 (写真)

たまに生演奏をするらしいが、普段は毎時00分に数分の自動演奏を行う。

横浜線の長閑な商店街にいつの間にこんな巨大ショッピングセンターが出来たのだろう。

私の知っている「鴨居駅」の周辺は田圃とお玉杓子の大国だったはず。

あの「ららぽーと 横浜」にわんさと湧いている若者たちは、
もしかしてお玉杓子の化身?

お玉杓子は何処からともなく現れて、又何処かへ消えてゆくことだけは確か。

Img_0968

| | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

中国大地震

推計死者5万人の中国の悲報。
言葉も無い。どんな言葉もImg_03311_2
空しく響く。
只々、今後一人でも救助される人が増えることを祈るのみ。


牡丹は中国西北部が原産とのこと。
花王、百花王などと呼ばれ、中国を代表する花とされている。

火の奥に牡丹崩るるさまを見つ       加藤楸邨               

華やかな色、ふわふわと浮遊感のある牡丹ほど多くの悲しみを秘めている。

| | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

ジャスミン

Img_08421_2

ジャスミン茶は嫌いだけど
ジャスミンの花は大好き!

蕾は淡い紅色。

真っ白にひらく。
ひらくたびに香りが部屋中に充ちてゆく。


ジャスミンはアラビア語(マツリカ)が語源だそうな。Img_0841_2

ジャスミンも茉莉花(マツリカ)も名前に惹かれた花。
実際に可憐な花を見てますます好きになった。

私の中で、「ジャスミン」「茉莉花」という言葉のイメージでは全く違う二つの花が、同じ仲間であることをずーっと後で知った。

| | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

ペンギンと青葉

巨大水槽の渦の中から現れた青葉一片。Img_0654_2

「わっ!青葉だ、青葉だ!」追いかけるペンギン。

何度も何度もペンギンの口から落っこちては逃げてゆく青葉。
又、青葉をおいかけるペンギン。

Img_0647_3

長~いことペンギンと青葉の「ズーラシア水中ショー」を見ていた。
ラッキー! 夢ではなかった。

「青葉」「ペンギン」「水中」。
材料は揃っているのに俳句は一向にこれ以上進まない。
というか、強引にここでストップさせてしまう。

以前の私だったらここから頑張るのだけど・・・。

青い水中でくるくる舞う青葉。ペンギンが青葉と遊びたくなる気持分かる分かる!
私だって遊びたいよ~

| | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

5月5日

Img_0750_2
吾が村のカワセミちゃんの猟場は
今、鯉幟が翻っている。

そういえば最近カワセミに逢わない。
カワセミを追っかけて、写真を写しまくっているあのカメラウーマンにも会わない。

ということは?
カワセミとカメラウーマンは多分いつも一緒なのだ!

カメラウーマンに何度も見せてもらった小鳥たちの写真集はすごい迫力だった。

何時間も待って、小鳥たちと時間を共有し、警戒感の無くなった小鳥を至近距離から写すのだそうな。
勿論、カメラのレベルも高い。望遠レンズはいつも装備している。

彼女は凄~い写真を何処にも発表しない。
只、小鳥との「共有時間」、「激写」「写真鑑賞」これが最高の至福なのだ。

| | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »