« 白鳥の眼   | トップページ | ♪♪♪ »

2007年12月29日 (土)

もしも・・・

もしも私が男だったら・・・と何度思ったことか。
私が男だったら愛する妻や
子や俳句には全く無縁なのではないか、
とふと思ったりする。
世の中にはもしも・・・もしも・・・が山ほど存在する。
Orugann2

河口湖畔の「オルゴールの森」にはタイタニック号に発注され、納品に間に合わなかった「フィルハーモニック・オーケストリオン」(自動オルガン)が存在している。(左)

航海を楽しむ人々に夜毎夜毎、オーケストラの楽を提供するために作られたオーケストリオン。

もしも、もしも・・・タイタニック号に納品されていたなら・・・・そう、今頃は海底深く沈んで永遠の眠りの底にあるはず。
運命の悪戯?神様の悪戯?荘厳な音はふと海の底から聞えてくるような・・・。

ホールには百年近く、あるいはそれ以上経った巨大なオーケストリオンが並んで、見る人聴く人を圧倒する。

Img_1030_3 オーケストリオンの演奏のあとはチェコから来日している「弦楽四重奏団」の生コンサート。
短かいけれどほっとする時間。

Img_1034

Img_1047_5    

Img_1037_5 


館内は、演奏中以外は撮影ほとんどOK。

その他、アンティークのオルゴール、絡繰り人形たちが楽を奏でる。

富士五湖のドライブついでだったらちょっと寄ってもいいところ。
 白鳥もいることだし♪ 

ここでの俳句? 未だ出来ていませ~ん。(>_<)

|

« 白鳥の眼   | トップページ | ♪♪♪ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207145/17511043

この記事へのトラックバック一覧です: もしも・・・:

« 白鳥の眼   | トップページ | ♪♪♪ »