« いなだ釣り | トップページ | みなとみらい  »

2007年10月29日 (月)

撫子

Img_0432 男が海へ行った日、女は森へ行く。

家から近い「四季の森」は一度吟行の下調べを兼ねて行ってみたいと思っていたところ。



かさねとは八重撫子の名なるべし         曾良

私は「おくのほそ道」の中のこの句が好き。

借り馬に乗って旅をする芭蕉と曾良。馬のあとをついて走って来た少女「かさね」。
田舎の子にしては優美な響きの少女の名「かさね」。
かさねの藁草履。膝小僧の出た短い野良着が走りながら撫子のように揺れる。

Img_0429_5撫子を秋の七草に数えたのは山上憶良だとか。

うれしいことは突然起る。「四季の森」で
こんな可憐な
撫子に出合えるなんて。

それも蜻蛉のオマケ付き。

Img_0431 

「四季の森」の目玉はしょうぶ園、紅葉の森、ジャンボ滑り台、あし原湿原等。
今度は紅葉の頃に来てみよう♪

又、ご紹介しま~す!

    (下は「四季の森」北口)

Img_0420_7 

|

« いなだ釣り | トップページ | みなとみらい  »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207145/16191602

この記事へのトラックバック一覧です: 撫子:

« いなだ釣り | トップページ | みなとみらい  »