« 内緒の話 | トップページ | 祭前 »

2007年7月18日 (水)

焼玉蜀黍

山中湖の帰りに御坂峠の茶屋で一休みして、少し下って桃屋で桃を捥ぐというのが子供たちの小さい頃の夏休みの定番だった。
御坂峠は太宰治が愛した富士の美しい峠。峠から車で20分ほど下ると、国道沿いに農家の桃の直売所が点々とある。その中の一軒の農園は付き合い始めてもう30年以上になる。私たち家族は親戚でも何でもないのに何故かおじさん、おばさんに可愛がってもらった。

桃屋のおばさんは行くと必ず七輪で玉蜀黍を焼いてくれた。その焼玉蜀黍がすっごく香ばしくて美味しくて、私にとっては玉蜀黍といえばここの七輪で焼いた玉蜀黍。7~8年前、おじさんとおばさんのお墓にお参りした。息子さんの代になってお嫁さんが店を切り盛りしているが、玉蜀黍は焼いていない。Img_0971_1
店の裏の細い坂道を登ると、一面の桃と葡萄畑が広がっている。もうすぐやってくる実りの秋。(玉蜀黍は秋の季語)

玉蜀黍齧る膝から下に影
         
いほこ

    
 
<かんたん焼玉蜀黍> 2本
①玉蜀黍を包むように薄皮を回りに少しつけたままラップをして電子レンジで8~10分蒸す。
②薄皮を反対の方に束ねて5センチくらいで切り落す(写真のように)
ネ、魚の鰭のようにきれいでしょ♪
それにとっても食べ易い。
このまま食べてもOK。
でも、もう一手間かけましょう♪

③薄皮は焦げないようにアルミ箔で包み、実の部分には刷毛で甘辛醤油を塗り、オーブンや、グリルで焼く。中の焦げ具合を見ながら、少し上が焦げたら、もう一度、タレを塗り、ひっくり返して焼く。(オーブントースターの場合はプアルミ箔を敷いたプレートの上で)

*タレは醤油に砂糖を溶かしてお好みの味で。
*途中でタレをつける時は一度電源を切ってやりましょう。
*火傷しないように気をつけてネ! 

ほんとは最初から焼きたいところだけど、私のは電子レンジを使って、簡単手抜き焼玉蜀黍。(それにこの方法だと、ガス回りが汚れない) 
こんなの常識? ほんと美味しいネ♪


|

« 内緒の話 | トップページ | 祭前 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207145/15775937

この記事へのトラックバック一覧です: 焼玉蜀黍:

« 内緒の話 | トップページ | 祭前 »