« 鯉幟 | トップページ | アオザイ »

2007年5月 2日 (水)

由布岳

Yuhu04262006_4 由布院には何故か、石屋さんが多い。いし屋と言ってもトンボ玉、ビーズ、きれいな色の小さい原石等のアクセサリーに関係した「いし屋」さんである。由布院駅に着くと真正面に待っていたかの様な雄大な「由布岳」を望む。その由布岳へ真っ直ぐ続くかのように土産物屋が軒を連ねている。ここが東京から千キロも離れた温泉町なのかと首を傾げたくなるほどおしゃれなファッションの店が続き、少しイメージが崩れて不満。そんな中、いし屋さんも色を競って客を待っている。由布院でこんな石が採れる訳でもないのに何故?と思ってしまうが、きれいなものはすぐ覗いてみたくなる人の心理と、旅の思い出に小さな石の1個でもという旅人の心をくすぐる商売のようである。私も美しい石に引き寄せられるように店に入ってしまった。そして買ったのがベネチアン硝子玉5個。何の意味もなく由布院とベネチアン硝子が結ばれているところが面白い。日本のトンボ玉と違って当然エキゾチック。一度、Ts380256_6 首飾りを作ってみたけれど何となく気にいらなくて崩してしまった。去年の夏の思い出は、手の中で未だカチカチと音をたてている。

|

« 鯉幟 | トップページ | アオザイ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207145/14923356

この記事へのトラックバック一覧です: 由布岳:

« 鯉幟 | トップページ | アオザイ »