« もうすぐ | トップページ | うちの夕景 »

2007年4月27日 (金)

想定外

私の書棚に「想定外」の句集が一冊ある。全く俳句に関心のない人が、私が俳句をやっていると知って、面白そうな美しい緑の表紙の本を選んでプレゼントしてくれたのだ。句集の前半は食物に関した句ばかり。初心の頃、食物の句は美味しそうに作れと教わった。なるほど、食べるのが惜しいような句が沢山。処々の作者の油彩画も美しい。井上緑水の「グルメ天国」。こんな句集もいいなぁ。

散る花を吹き上げてゐる象の鼻               緑水

筍は小芥子(こけし)のごとく生れそめぬ           緑水

Img_0036sake2

句座で筍の句について久米正雄に「筍の先は丸いのかね」と言われ、吉屋信子が「ぽっくりとした感はありますよね」と助けてくれたとある。

句集の中の絵(鮭):井上卓衛(緑水) 

   

|

« もうすぐ | トップページ | うちの夕景 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207145/14859923

この記事へのトラックバック一覧です: 想定外:

« もうすぐ | トップページ | うちの夕景 »