« 夢のような | トップページ | 花かご »

2007年3月26日 (月)

郷愁

きれいな桜を見たあとには何を書いても空しいけれど。

070323_072001 でっかい手造り籠を相棒の友人からプレゼントされた。(写真)

カラフルな籠は、昔、昔、そのむかし、私が野遊びに行く時必ず持った花摘みかごを彷彿とさせた。あの弓なりの取っ手のついた、カラフルな小さな竹かごは市場から、いつ、何処へ消えてしまったのだろう。

今の子供たちは何に花を摘むのかしら。

私がときどき作る紙粘土の花かごは、あの花摘みかごへの郷愁なのかも知れない。

因みに、写真の巨大籠は業務用梱包ベルトを編み上げたもの。容量は45ℓ。とても軽いけど丈夫そう。「プラスチックのゴミ入れにどうぞ」と言われた。

あまりにもきれいで、でっかくて、部屋の中をあちらこちらへと移動させてはいるものの、未だ所定の位置が定まらない。プラスチックのゴミなんて入れたくな~い。

|

« 夢のような | トップページ | 花かご »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207145/14412382

この記事へのトラックバック一覧です: 郷愁:

« 夢のような | トップページ | 花かご »